薬剤師の一般的な転職先とは?

薬剤師とは、6年制の薬学系大学(かつては4年制)で薬学の知識と調剤の技術を習得した国家資格取得者の事である。
薬剤師転職先として最も一般的なのが、病院・診療所、調剤薬局、ドラッグストアなどの医療関連施設である。
医薬分業が進み、いわゆる門前薬局や24時間営業の調剤業務対応ドラッグストアなどが増加している事もあり、その求人数は多く、薬剤師転職支援サイトでもメインとなる募集案件である。
その業務内容は、医薬品管理・販売、調剤、患者対応・相談などである。
その他の転職先としては、製薬会社や食品会社、化粧品会社などの企業や、臨床開発関連の会社、学校などの教育機関、保健機関、衛生機関、自衛隊、麻薬取締官なども考えられる。
但し医療関連施設への転職と比べその求人数は少なく、また薬剤師以外の資格が必要な場合もあるので、転職先としては狭き門となる。
職種や職場毎に給与や雇用形態、就労規則なども当然異なってくる。
転職する理由は人によって様々だが、年収アップを目指したい、自分のキャリアを磨きたい、家庭生活との両立を叶えたい、など転職の目的意識をはっきり持って転職先を探す事は非常に重要である。
マイナビ薬剤師の転職支援サービスの評判を口コミで検証