引っ越しがきっかけでプロバイダーを乗り換えたほうがいい?

家の引っ越しがきっかけでフレッツ光の契約を取りやめた時に心の準備をしておくことがあります。
戸建て住宅の賃貸の場合、ウェブを使用するために工事により利用できる状態にした回線をどれくらい残しても平気なのか確認をしないといけません。
それが起きたことによって撤去にかかる料金が変わってくるからです。
光回線にはセット割といったものが設定されているケースが多くあります。
このセット割といったものは、光回線と携帯回線を両方同時に契約してしまうもので割引を得られるというようなことです。
この分野では、これ以降キャリア大手による競争の激化が予想されております。
ワイモバイルは維持費が安くても3000円ほど必要ですが、複数のデバイスを持っている場合には、500円のディスカウントという特典があります。
そして、諸々の必要経費が無料だったりと、それ以降の契約が得になります。
ですので、これ以降は、au、docomo、softbankの代替として、普及率が高くなる可能性があります。
プロバイダの料金がお手ごろ価格になるといわれて、今のプロバイダに光乗り換えをしたのですが、失敗したなと思っています。
確かに、価格はかなり金銭的負担が減りました。
でも、ネットにつながらなくなるっことが頻繁に起こったり、回線速度が落ちてしまったりで、前のプロバイダの方がはるかに良かったのです。
よく考えずにプロバイダ変更してしまったと、悔やむ気持ちです。