住宅ローン審査落ちたら?重みを実感するにはシュミレーションをしてみる事が必要

賃貸からいつかは自分の住宅を持ちたいと思ったら、一度住宅ローンシュミレーションを受けてみる事をお勧めします。
あくまでその時の金利でですが、30年や35年ローンで考えて、頭金はいくらで毎月何万円でボーナス時は何十万円支払って、という風に考えると残り使える生活費が実感できます。
夫婦二人でも、今現在使っている水道光熱費や食費や被服費や医療費や雑費を足しても余裕が有ればいいですが、ぎりぎりですと何かあった時にお金が支出出来ませんし、給料が下がらないとも限らないので、生活を見直すにはいいチャンスです。
生活を見直して貯金をすれば、頭金を多く払う事も可能になります。
頭金を多くすれば毎月のローンにも余裕が出ますし、生活を見直すことで毎月のローンの支払いにも余裕が少しできます。
実際数字で見ると現実感が有ります。
現実感が出ないと人間変わりませんので、住宅を購入なさりたいと思っている方は、住宅ローンシュミレーションで今の生活のすべてを確認しましょう。
住宅ローン審査落ちた?基準通らない!【審査甘い銀行は?】